記事詳細

直立不動、職員たちの異様な緊張ぶり…関電が“震えた影” 森山氏と面会したジャーナリスト・須田慎一郎氏が目撃したものとは (1/3ページ)

 関西電力の役員ら20人に、3億円を超す金品を渡していた福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)が注目されている。「若狭のドン」と呼ばれ、政財官界に幅広い人脈を誇り、今年3月に90歳で死去するまで隠然たる力を持っていたという。関電側は「『森山案件』は特別で、おびえてしまった」と明かしている。森山氏と以前、面会したジャーナリストの須田慎一郎氏は、周囲の人物も震えるような「威光」を目撃していた。

 森山氏は、京都府庁や綾部市役所を経て、1969年に高浜町に入庁した。77年4月から10年間助役を務め、87年に退職した。その後も、福井県の客員人権研究員や、町の都市計画審議会委員などを歴任。2010年まで同町教育委員会委員などを務めた。

 須田氏が森山氏に会ったのは、11年の東日本大震災の後、地元の公的団体の招きで講演するために、高浜町を訪れた際だった。

 講演が始まる前、控室に通された須田氏は、職員に「これから町で一番の実力者が来るので、若干の時間、懇談してくれませんか」と頼まれた。

関連ニュース