記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】河川管理は“国家百年の計” 全国でやるのが「政府の責務」で「歴史的低金利」を活用すべきだ (1/2ページ)

 台風19号は、東日本に甚大な被害を与えた。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方にお見舞い申し上げる。台風などの防災対策をめぐり、「公共工事の安易な積み増しは慎むべきだ」といった論調のメディアもあるが、行政主導の防災は限界なのか、堤防建設は費用対効果で疑問が多いのか。

 筆者は、週末に大阪に行っていたため、12日は現地にとどまらざるを得ず、都内の自宅周辺の地域が気がかりだった。というのは、今回の台風が61年前の1958年9月の狩野川台風の再来といわれていたからだ。

 当時筆者は3歳だったので、明確な記憶はないが、子供のころから周囲の人に被害の様子を聞いていた。近くの石神井(しゃくじい)川が氾濫し、板橋区の資料によれば「浸水面積5平方キロメートル、浸水戸数1万2800戸におよぶ大被害」と書かれている。その後に来た台風でも、石神井川はしばしば氾濫したのはよく記憶している。

 石神井川は小金井公園北部(小平市)から、西東京市、練馬区を流れ、板橋区から北区を経て隅田川に合流している一級河川だ。延長は25・2キロメートル、流域面積は62平方キロメートルに及び、都内の中小河川としては比較的規模が大きい。

 狩野川台風後、10年以上の月日をかけ順次、河川の拡幅・深掘工事が行われた。筆者の自宅近くでも、河川の両側には美しい桜並木があったが、それらを伐採して川幅を広くし、同時に深く掘られた。

関連ニュース