記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国・文政権、外貨事情は相当苦しい!? 反日煽って選挙戦も日本に“スワップ哀願”「なぜ消滅したのか」反省のかけらもなく (1/3ページ)

 韓国の国会議員選挙の投票(15日)まで、あと1週間。文在寅(ムン・ジェイン)政権の与党は、この選挙を「日本(親日派)との闘いだ」として、反日を煽っている。それなのに首相、副首相はもとより、政権とソリが合わない経済団体までが、「日本と通貨スワップを急ぎ締結すべきだ」と大声を張り上げていることが不思議だ。

 政権与党が選挙の最中、選挙戦術の基本=反日高揚と背馳(はいち=背いて)してまで、対日接近を企図する背後にあるものは何か。外貨繰りがよほど苦しいと見るほかない。新型コロナウイルス禍の中で起こりかねない隣国の惨事に、日本は巻き込まれてはならない。

 「公式発表」で言えば、韓国の外貨準備高は2020年3月末、4000億ドル(約43兆6440億円)を超える。さらに米国から短期借款枠(=韓国の政権は、これを『韓米通貨スワップ』と喧伝している)600億ドル(約6兆5460億円)を与えられた。

 外貨準備が4000億ドルもあるのだから、米国から与えられた短期借款枠に手を付ける必要はない。いや、米国に対して「そんなものは不要だ」と跳ねのけてこそ“反米政権”の面目躍如ではないか。

 が、文“反米政権”は感激して、これに飛びついた。

関連ニュース