記事詳細

【海外こぼれ話】新型コロナ対策のため…2カ月近く空港暮らし

 新型コロナウイルス対策で旅客輸送が停止されたため、インドの首都ニューデリーの空港で2カ月近く足止めとなったドイツ人男性(41)が空路でオランダへ出発した。ドイツメディアが伝えた。

 男性は3月中旬、ベトナムから到着後、トルコ行きの便に乗り継げなかった。犯罪歴があり、刑事罰を受ける恐れがあるとしてドイツ帰国は拒否。乗り継ぎ用区域で食事の提供を受け、長椅子などで寝る生活を送っていた。(共同)

関連ニュース