記事詳細

韓国・文政権を翻弄する正恩氏&与正氏兄妹 軍事行動「保留」も圧力維持

 北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が23日に党中央軍事委員会の予備会議を開き、朝鮮人民軍が提起した韓国への軍事行動計画を「保留」したと報じた。妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が主導した韓国への軍事報復はいったん見送られたが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は「北の独裁者兄妹」にいいように揺さぶられている。

 正恩氏が今回の局面で登場するのは初めてで、兄妹で役割分担をしているとの見方も出ている。

 韓国政府は24日、北朝鮮が最近、前線に設置した宣伝放送用の拡声器を撤去する動きを確認。対外宣伝サイトでも韓国批判の記事が削除された。

 ただ、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長は24日、談話で、軍事行動の完全撤回を求めた韓国国防相の発言を批判し、南北関係は韓国側の「今後の態度次第だ」とクギを刺した。

 北朝鮮は、開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を爆破したほか、軍が開城、金剛山(クムガンサン)地区への部隊展開や前線での軍事訓練、韓国批判ビラ散布の準備を予告していた。

 

関連ニュース