記事詳細

【勝負師たちの系譜】越えられない壁 女流棋界、挑戦者の敵は“タイトルという重み” (2/2ページ)

 この将棋を見る限り、どう見ても実力は互角かと思わせたが、最終局に敗れ、上田のリベンジはならなかった。

 こうなると、上田の相手は里見というより、タイトルの重みという敵とも戦っているとしか考えられないと私は感じた。

 そして清麗戦が終わった直後、女流王将戦の挑戦者に決まった室谷由紀女流三段も、過去3回タイトル戦に出場しているが獲得はない。

 やはり2トップの壁は厚いのだが、今回は準決勝で伊藤、決勝で里見と、今までほとんど勝てなかった相手を倒しての西山への挑戦だけに、運も味方するのでは。

 誰か2トップに穴を空けてほしいと思うのは、ファンだけではないと思う。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース