記事詳細

【勝負師たちの系譜】藤井二冠、渡辺三冠、豊島二冠…今年は挑戦者優位の年 タイトル保持者が“絶対的上位者”ではない構図 (2/2ページ)

 今年のタイトル戦で、明らかにそういう構図だったのは、本田奎五段が初の棋戦参加で挑戦者となり、渡辺に挑んだ棋王戦くらいのもの。

 藤井が渡辺に挑んだ棋聖戦や、その後の王位戦も、本来なら同じ構図のはずが、藤井を相手にする保持者がすでに、相手に一目置いているようなところがあった。

 そして冒頭の叡王戦や名人戦などでは、挑戦者の方が格上かというタイトル戦になっているところに、今の将棋界の混戦状態が現れている。

 今年最後のタイトル戦となる竜王戦では、羽生善治九段の挑戦が決まり、タイトル通算100期となるかが注目される。

 もっともその前に、今進行中の王座戦、永瀬王座-久保利明九段戦の結果も出ていることだろう。

 現在は永瀬の2勝1敗だが「タイトルを持っていた頃より充実しているはず」と言う、久保の巻き返しにも注目したい。

 羽生や久保もベテランを超え年配者の域に入ってきたが、棋士はいつまで一線で活躍できるかの限界を、教えてくれるのではないだろうか。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース