記事詳細

コロナ感染者増“第3波”でも…「GoTo」止めるな! 識者「重症者対応の努力せずに経済止める議論は本末転倒」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染「第3波」に緊張が高まっている。野党からは「Go To キャンペーン」の見直し要求も出るが、元厚労省医系技官の木村盛世氏(感染症疫学)は、「重症者対応の努力をせずに経済を止める議論は本末転倒だ」と訴える。

 東京都では15日の感染者数が255人。直近7日間の平均は約305・9人に達した。重症者は3人減の38人だった。大阪府は東京を上回る266人、北海道も209人と、気温が下がるなかで感染拡大が続いている。

 木村氏は「呼吸器疾患を引き起こすウイルスの多くは乾燥や低温を好むため、冬場に感染者や重症者は増える。それは一般的な風邪のコロナウイルスや、インフルエンザも同様だ」と指摘する。

 新型コロナは感染症法で「指定感染症」となっており、患者は全数報告の対象だ。

 木村氏は、2009年に新型インフルエンザが流行した際には、短期間で指定感染症から解除され、患者の全数把握も見直されたとして、「当時も100%有効な治療薬はなかった。新型コロナも早期に指定感染症から解除しないと、医療機関の負担が増えるだけだ」という。普通の病気のように扱うべきだという主張だ。

関連ニュース