記事詳細

変異ウイルス“日本人狙い撃ち”の凶暴性 クラスター誘発の恐れも 「特徴的な免疫、特有の家屋や習慣に適応する可能性」専門家 (1/2ページ)

 政府は13日、新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言について、首都圏4都県に加え、栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県を対象に加えることを決定する。昨年末以来の世界的な感染爆発の背景には英国や南アフリカなどで確認された変異ウイルスの存在があり、日本も例外ではない。変異を繰り返せば、クラスター(感染者集団)を誘発したり、日本人が感染しやすくなるなど凶暴性を増す恐れもあるだけに最大限の警戒が必要だ。

 

 日本で確認された英国や南アフリカからの変異ウイルスは、いずれも表面のタンパク質に変異が生じ、感染力が高まっているとの研究がある。10日にブラジルからの帰国者4人から見つかったウイルスは、さらに別の変異もあると判明した。

 欧米各国に比べると依然少ないものの、国内では昨年末以降、東京など大都市圏で感染者数が大幅に増えている。冬場という季節要因のほか、変異ウイルスも作用しているのか。

 東北大災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は、「海外渡航者との接触者や空港検疫の対象者などをモニタリングしており、取りこぼしは多くないと考えるが、国際空港がある東京、大阪、名古屋など都市部で広がっている可能性は否定できない」と指摘する。

関連ニュース