記事詳細

NHK「軍艦島」映像捏造疑惑、自民党会合で取り上げられる 稲田氏「日本のメディアが真摯に向き合わないことは問題」

 「軍艦島」こと、長崎県・端島の暮らしを記録したNHKのドキュメンタリー作品「緑なき島」をめぐり、一般財団法人「産業遺産国民会議」と「真実の歴史を追及する端島島民の会」が「事実の改竄(かいざん)が行われた」と告発している問題が、自民党の会合で取り上げられた。

 「NHKの映像がなければ、ここまで島民の人権が傷つけられることはなかった」

 元内閣官房参与で、国民会議専務理事の加藤康子氏は22日、国会内でこう講演した。自民党の稲田朋美元防衛相が共同代表を務める議員連盟「女性議員飛躍の会」が主催したもので、約20人の議員が出席した。

 1955年放送のNHK番組「緑なき島」は、炭坑作業者がふんどし姿で、這(は)いつくばるような低い坑道で作業する映像を報じた。

 映像は「強制連行」被害を報じる韓国メディアに引用されたが、国民会議側の調べで、元島民の証言や当時の坑内規則と食い違うことが明らかになった。

 NHK側は「当時の端島における取材に基づき、制作・放送された」と回答している。

 稲田氏は会合後、「いわゆる徴用工問題で、日本のメディアが真摯(しんし)に向き合わないことは問題だ。自民党の組織や議連などで追及していきたい」と語った。

関連ニュース