記事詳細

ボーイング777の機材一部が住宅地落下、米トラブルで同系列の国内32機、運航停止

 ユナイテッド航空のボーイング777のエンジントラブルで機材の一部が住宅地に落下した事故を受け、国土交通省は21日、安全確保のため同系列のエンジンを搭載する日航の13機と全日空の19機を運航停止するよう指示した。日航と全日空は21日午後、使用を取りやめた。

 運航停止の影響で、21日は日航の那覇発羽田行きが1便欠航。両社とも機体の変更で対応するため、22日以降のフライトに変更はない。

 昨年12月4日にエンジントラブルが発生した那覇発羽田行き日航904便ボーイング777も同型のエンジンを搭載。国交省はこれまで点検強化を指示していたが、追加の対策が必要かどうかを検討する間、運航停止が必要と判断した。

 日航機のトラブルは、エンジン部品「ファンブレード」が金属疲労で破損していた。運輸安全委員会が事故につながりかねない重大インシデントに当たるとして、詳しい原因を調査している。

 米国のエンジントラブルでは機材の一部がデンバー近郊の住宅地に落下した。負傷者は報告されていないが、大惨事につながりかねなかったと報じられている。