記事詳細

総務省、菅首相長男の接待問題で幹部4人ら月内処分 衆院予算委集中審議

 衆院予算委員会は22日午前、菅義偉首相と関係閣僚が出席して集中審議を実施する。総務省は、放送事業会社「東北新社」に勤める首相の長男から同省幹部が接待を受けた問題をめぐり、会食回数や費用の負担者などの調査結果を昼の予算委理事会に報告する見通し。総務省は同問題で、参加した幹部4人を月内にも処分する方針を固めた。

 複数の政府関係者が明らかにした。職務上の「利害関係者」から接待を受け、国家公務員倫理規程に違反した疑いが強く、懲戒処分を軸に検討している。会食回数や費用の負担者などの調査結果は22日に公表する。

 幹部4人は、谷脇康彦、吉田真人両総務審議官と、20日付で事実上更迭された秋本芳徳前情報流通行政局長と、湯本博信前官房審議官。他に職員7人が同様の接待を受けていたという情報もある。

 野党は、首相の影響力を背景に行政がゆがめられた疑いがあるとみて追及を強める構えだ。

関連ニュース