記事詳細

【有本香の以読制毒】誰が「国防の最高指揮官」に最適か 北がミサイル2発発射、総裁候補3氏の「第一声」比較 「言葉の力」火を見るより明らか (1/3ページ)

 防衛省は15日、北朝鮮が同日午後、日本海に短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表した。変則軌道で約750キロ飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)の内側に落下したとみられる。北朝鮮は13日にも、新型長距離巡航ミサイルを試射している。中国の軍事的覇権拡大に加えて、日本にとって「安全保障上の深刻な脅威」といえる。自民党総裁選は17日告示(29日投開票)を迎えるが、新総裁・新首相は「国防の最高指揮官」となる。前哨戦でバトルを繰り広げる、岸田文雄前政調会長と、高市早苗前総務相、河野太郎行革担当相の危機意識と覚悟はどうなのか。ジャーナリストの有本香氏が分析した。

 

 総裁選は17日告示である。正式な出馬会見を行ったのは、岸田氏と高市氏、河野氏の3人。「野田聖子幹事長代行も立候補か」と伝えられたが、16日朝時点ではっきりしない。

 出馬会見を終えた3氏が目下メディア出演を盛んにしていたなか、北朝鮮は15日午後、日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射した。岸信夫防衛相は同日夜、日本のEEZに落下したとの推定結果を明らかにした。

 幸い、海上の船舶にも被害はなかったが、国の安全を揺るがしかねない一大事である。こうした時に、国内外にどんなメッセージ、第一声を発信できるか-。これは国のトップ、政治家の資質を測る1つの物差しだ。さっそく、総裁候補の3氏に当てはめてみたい。

関連ニュース