記事詳細

鈴木宗男氏「小石河連合」を斬る! 河野氏、石破氏、進次郎氏の「人気」はメディアがつくり上げた虚像 56%の「反河野」を理解できない石破氏に限界 (1/3ページ)

 自民党の岸田文雄総裁(64)は1日、臨時総務会を党本部で開き、甘利明幹事長(72)と、高市早苗政調会長(60)などの党四役人事を正式決定し、新執行部を発足させた。4日召集の臨時国会で首相指名を受け、同日中にも「岸田内閣」を発足させる。激戦となった総裁選では、河野太郎行革担当相(58)が、知名度のある石破茂元幹事長(64)と、小泉進次郎環境相(40)との「小石河連合」で勝負に出たが、大敗した。敗因は何か。かつて自民党で20年間、政治活動し、永田町を知り尽くす日本維新の会の鈴木宗男参院議員に聞いた。

 「コロナ禍で国民が等しく困難な状況にあるなか、国民や国家が必要なのは『腰の据わったリーダー』だ」

 宗男氏はこう語った。

 総裁選の1回目投票で、岸田氏は1票差で河野氏をリードし、上位2人の決選投票で「257対170」と引き離した。

 宗男氏は「政治家、特に自民党総裁を目指すような人物は、24時間、一挙手一投足を見られている。上を目指す人は『あの人は面倒見がよい。親切だ』と思われる姿が大事だ。岸田氏はそうしてきた。1年前の総裁選敗北時と見違えるほどの覚悟と決意があふれていた。これが支持を得た」と評した。

 河野氏はメディアの世論調査では支持が高かったが、約2週間の総裁選の間に風向きが大きく変わった。

関連ニュース