記事詳細

「草の根」活動で奮闘する自民・森下千里氏に密着 9選ねらう立民・安住氏の牙城崩せるか タスキやポスターには「もりした千里」 (1/2ページ)

 立憲民主党の安住淳国対委員長(59、当選8回)が連続8選を重ねている宮城5区(石巻市、東松島市など)で、自民党が擁立した元タレントの森下千里氏(40)のがむしゃらな選挙戦が注目を集めている。安住氏が築いた「牙城」を崩すため、半年間で辻立ち2000回という地道な活動と、明るく華やかな人柄で番狂わせを狙っている。 (報道部・内藤怜央)

 「(震災から)10年が経過して、『復興はもう完了しただろう』という県外の声も聞きます。けれども、(住人の)私たちの健康、生活がしっかりしていないと人生というのはあり得ません」

 森下氏は22日、宮城県南三陸町でこう呼びかけた。選挙戦では、「被災者の心をケアする支援の継続強化」や「防災インフラの整備」「福祉や介護職の地位向上と人材の確保」などを訴えている。

 森下氏は名古屋市出身だが、女優デビュー作は、石巻市とゆかりの深い漫画家、石ノ森章太郎さんが原作の『仮面ライダー龍騎』だった。東日本大震災後、何度も被災地で炊き出しや物資の支援をしてきた。これが政治家を志すきっかけになった。

 落下傘候補のため、公示までに2000回もの辻立ちで、自分の考えを伝え、住民の話をじっくり聞いてきた。

 森下氏は「最初は不思議な目で見られましたが、繰り返すうちに、『頑張ってね』と声をいただけるようになりました。本当に感謝、感謝です」と振り返る。

 交差点での演説中、車内から手を振ったり、軽くクラクションを鳴らして激励する住民の姿が見られた。移動中も、民家から顔を見せて手を振る人がいると、森下氏は走って駆け寄って握手していた。

関連ニュース