日本が心の病なら中国は「唯我独尊病」と大前研一氏 (2/2ページ)

2017.04.21

 呆れて開いた口がふさがらないとはまさにこのことだろう。歴史を直視しないのは中国のほうであり、共産党が中国人民を日本軍から解放したとする捏造をはじめ、チベットやウイグル、香港、南沙諸島などに関する中国の“唯我独尊病”のほうが、よほど深刻ではないか。

 王毅外相はもともと駐日大使も歴任し、日本語も堪能な日本通だ。外国人へのヘイトスピーチや国粋主義的な勢力がある一方で、それに対する反発も大きい日本の実情は重々承知しているはずだ。にもかかわらず、あえて前述のような日本批判を展開するのは、彼が習近平の顔色しか見ていないということにほかならない。

 いま、習近平は「別格の指導者」を意味する「核心」という肩書で呼ばれている。政権ナンバー2の李克強首相でさえ、第12期全国人民代表大会(全人代)の演説の中で8回も習近平に言及し、「核心」の表現を連発したとされるほど“隷従”しているのだ。

 中国では今秋、共産党大会が開催され、習近平が2期目5年間の最高指導者として再任される予定だ。さらに、現在のいわゆる「チャイナ7」(7人からなる最高指導部=政治局常務委員会)の大半が交代し、毛沢東時代の権力集中の反省から廃止されていた党主席制の復活も予想されている。党主席になれば現在の「68歳定年制」が有名無実化し、さらに次の5年も続投可能になって「習近平一強体制」が完成するだろう。

 江沢民政権時代は朱鎔基首相、胡錦濤政権時代は温家宝首相のようなマイルドで“まともな”話ができる人物がいたが、次期習近平政権では「核心」に対して意見・反論できる人間は1人もいなくなると思う。

 その一方で、中国経済はいつバブルが崩壊してもおかしくない状況だ。中国主導で創設されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、私が事前に予想した通り、参加国は増え続けるが独自案件がほとんどないというお粗末さである。また、政府は原発を続々と建設している一方、住民の反対は根強く、使用済み核燃料が国内に溢れ返っている。とにかく、いろいろな面で「習近平一強」体制の中国は世界動乱の“核心”となりかねないのだ。

 ※週刊ポスト2017年4月28日号

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。