韓国、日韓で米国務長官が使い分けた言葉に「見捨てられ」の恐怖心 地元メディア、意図探ることに躍起 (1/3ページ)

2017.04.21

3月17日、ソウルで韓国の尹炳世外相(右)と会談後、共同記者会見で話す米国のティラーソン国務長官(ロイター)
3月17日、ソウルで韓国の尹炳世外相(右)と会談後、共同記者会見で話す米国のティラーソン国務長官(ロイター)【拡大】

  • <p>会談を前に握手するティラーソン米国務長官(左)と韓国の黄教安大統領代行=3月17日、ソウル(代表撮影・共同)</p>
  • <p>米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」(ロイター)</p>

 アジアを歴訪したティラーソン米国務長官が韓国に「見捨てられ」の恐怖心を引き起こしている。北朝鮮の反発に関わらず米韓合同演習「キー・リゾルブ」を実施し、B1戦略爆撃機を朝鮮半島上空を飛行させた米軍の決意に揺るぎはないが、ティラーソン氏による「日本重視」発言が、朝鮮戦争を誘発したとされる1950年の「アチソン・ライン」の記憶を呼び起こしているのだ。

 ティラーソン氏は3月中旬に日本、韓国、中国を歴訪した際、ただ1社だけ特別機での同行取材を許した米保守系ネットメディア「ナショナル・ジャーナル・レビュー」のインタビューで、日本と韓国について次のように述べた。

 「日本はその経済の規模により、この地域において米国の最も重要な同盟国(our most important ally)だ」

 「韓国は同様に、北東アジアの安定に関連する重要なパートナー(an important partner)である」

 マティス国防長官、ティラーソン氏に続き、4月にペンス副大統領が日韓両国を訪問することを挙げて、ティラーソン氏は「(日韓の)どちらかを優先しているということはない」とも強調しているのだが、韓国メディアは日本を「同盟国」、韓国を「パートナー」と使い分けたティラーソン氏の意図を探ることに躍起になっている。

 訪韓時に、ティラーソン氏が岸田文雄外相との夕食会に臨みながら、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との夕食会を「体調不良のため断った」ことも韓国側には不満の種だ。尹氏との共同記者会見に臨んだティラーソン氏の様子は元気そのものだったし、同氏はすぐに夕食会の招待自体がなかったことを暴露している。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。