スポーツ注目ニュース

移籍1年目に苦しんだ巨人・陽岱鋼、現状維持の3億円「プレッシャーあった」

 巨人の陽岱鋼外野手が18日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸3億円でサインした。フリーエージェント(FA)で日本ハムから移籍した5年契約1年目の今季は、故障で出遅れて87試合の出場で打率2割6分4厘、9本塁打、33打点、4盗塁に終わり「活躍しないといけないプレッシャーもあった。今年は僕にとって苦しいシーズンだった」と振り返った。