記事詳細

ヤクルト・高津2軍監督“チーム躍進”で株急騰 2年連続最下位→現在3位 (1/2ページ)

 22日に連敗を14で止めたセ・リーグ最下位のヤクルトだが、2軍では昨季までイースタン・リーグ2年連続最下位(7位)のチームを3位に押し上げている高津臣吾2軍監督(48)の株が急騰している。

 5月10日の時点で11勝22敗1分けの借金11で最下位の7位。ところが、そこから16勝4敗で6月10日に貯金1。6月25日には貯金を最大の7まで増やした。

 7月に入り、二塁で捕手の井野が出場。10、11日のロッテ戦は徳山が先発で2連投と1軍低迷のしわ寄せがモロに押し寄せ「野手は毎日10人野球」(2軍首脳陣)と試合をこなすのがやっと。20日は楽天に2-4で敗れ、貯金1の3位だが、それでも大健闘だ。

 1軍が負けまくる中、いったい何があったのか。「最初はチームの方針で、細かいことはやらない“真中野球”をやっていたが、打撃は7割は失敗する。優勝したとき(2015年)はそれがズバズバはまったが、そんなにうまく続くわけがない。バント、エンドランや細かいことをやるようになってから勝ち始めた」(2軍関係者)と手腕が評価されている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース