記事詳細

ヤクルト・杉浦と日本ハム・屋宜がトレードのウラ 「将来性」と「即戦力」

 ヤクルトの杉浦稔大投手(25)と日本ハムの屋宜照悟投手(28)のトレードが両球団で合意に達したことが24日、分かった。同日午後に発表される。

 杉浦は北海道出身で国学院大から2014年にドラフト1位でヤクルト入団。速球派右腕として期待されたが、故障が重なり4年間で6勝8敗、防御率4・95だった。今季も右肩故障で戦線を離れているが、日本ハムは将来性を評価した。

 屋宜は沖縄県出身で、13年ドラフト6位で日本ハムに入団。通算21試合で3勝0敗、防御率5・16。ヤクルトから即戦力の救援投手として白羽の矢が立った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう