記事詳細

ボルト、最後のレースで衝撃的な結末…脚を痛めてフィニッシュできず 世界陸上

 陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で5連覇を狙ったジャマイカは最終走者のウサイン・ボルトが脚を痛めて倒れ、ゴールできなかった。

 今大会限りで現役を退く30歳のスーパースターが、最後のレースで衝撃的な結末を迎えた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう