記事詳細

阪神元球団社長「清宮君指名できたら万々歳だが藤浪君の例が…」

 ドラフト1位の重複指名が確実視される早稲田実業の清宮幸太郎(18)。阪神でセットアッパーとして活躍した遠山奨志氏も「ファーストが固定されておらず、若い選手を鍛え上げる方針の金本阪神は清宮君に合っている」と力説する。

 清宮父子(父は元ラグビー選手・清宮克之氏)は共に阪神ファンだという情報もある。最初に1位指名に名乗りを上げたのがタイガースだ。しかし元球団社長の野崎勝義氏は清宮と阪神の相性に懐疑的だ。

 「清宮君を阪神が指名できれば万々歳ですが、藤浪(晋太郎)君をあんな風にしてしまったからね……。大谷(翔平)以上の素質と言われていたのに、今はイップスで制球がムチャクチャ。またも球界の至宝を育てられないなんてことがあれば、野球ファンに申し訳が立たない……」

 そんな阪神を横目に「育成力」をアピールするのが日本ハムだ。大ファンで知られるコラムニスト・えのきどいちろう氏がいう。

 「ファイターズは育成が命の球団。きっと清宮君の才能を開花させる。これまで手塩にかけてきた中田翔、大谷翔平がいなくなりそうなタイミングというのも縁を感じます。ダルビッシュ有などポスティングでのメジャー移籍にも実績がありますから、メジャー志向のある清宮君にはもってこいの球団でしょう」

 ※週刊ポスト2017年10月13・20日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース