記事詳細

ヤンキース脱落で混迷、大谷争奪戦でパドレス優位なワケ 蜜月関係&顔なじみ強力メンバーで面談 (1/4ページ)

 ポスティングシステムで米大リーグ移籍を目指す日本ハムの大谷翔平投手(23)が4日(日本時間5日)、滞在先のロサンゼルスで、移籍先候補の米球団と直接面談を開始した。米NBCスポーツによると、ジャイアンツが最初の面談相手だった。大谷は前日の3日(同4日)までの“書類選考”で、米メディアが本命視していたヤンキースなどを外し、最終候補は、ジャイアンツ、マリナーズ、パドレス、エンゼルス、ドジャース、レンジャーズ、カブスの7球団に絞り込んだ。夕刊フジはパドレスが一歩リードとみる。その理由は…。

 面談の席につくことができなかったヤンキースのキャッシュマンGMは「大谷は西海岸が本拠地で、市場規模の小さいチームを望んでいる」と恨み節。地元紙『ニューヨーク・デーリー・ニューズ』は「なんというチキン(臆病者)」と大谷をこき下ろし、来季ニューヨークでブーイングを浴びせられるのは確実だ。

 米メディアは、チーム力、ブランド力、資金力を兼ね備えているヤンキースに目もくれなかった大谷について、「一体何を求めているのかわからない」と理解不能の様子。しかし、球団選択の最大のポイントが、二刀流をどう実現させられるか、にあるのは明白だ。

 代理人のネズ・バレロ氏(54)が、事前に全30球団に送った質問状には「投手と打者両面の評価」「起用に関するプラン」「育成法と医療体制」など二刀流を継続する上で必要となる球団の具体的な姿勢を問う項目が連なっていた。

 「アスレチックス、ダイヤモンドバックスなどは、西で市場規模が小さいという条件を満たしているが、それでも落選したのは、二刀流との向き合い方に大谷側が疑問を抱いたからだろう」と大リーグ関係者は分析する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース