記事詳細

大谷の“関節ネズミ”発見情報に米メディアが辛辣バッシング NY紙強烈「獲らなくてよかった」 (1/3ページ)

 日本ハムから米大リーグ・エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平(23)が右肘の内側側副靱帯を損傷していたと12日(日本時間13日)、米メディアが報じた。同時に「右肘関節内遊離体(通称・関節ネズミ)も発見された」とも伝えられている。10月に自身から採取した血小板を使い、組織の修復や再生を図る「PRP注射」による治療を受け、症状は軽いとされているが、不安をあおる米メディアも多い。

 米報道によると、代理人のネズ・バレロ氏は、大谷と交渉を行った各球団に「10月20日に予防的な措置としてPRP注射を受けた。日本ではこういう処置はしばしば行われている」と説明していたという。さらに11月28日には東京で精密検査を受けたという。

 エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は大谷が受けた検査と結果について、こう説明している。

 「大谷は両肩と両肘のMRI(磁気共鳴画像診断装置)による診断を受けた。これはわれわれと契約する選手すべてが受けるものだ。その結果、急性の外傷は見つからなかった。彼の年齢相応の結果だったと考えている。われわれはこの結果を喜んでいるし、彼を獲得できて幸せだ。来年最初から100%でいけるように、準備を早く進めてきたので順調だ」

 軽症を強調し、来春のキャンプは制限をかけずに練習できるという。

 PRP療法は、田中将大(ヤンキース)もメジャー1年目の2014年7月に部分断裂した右肘靱帯に施し、その後、長期離脱なく先発ローテーションを守っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース