記事詳細

暴行事件被害者・貴ノ岩 心の拠り所はおかみさん・景子さん (1/2ページ)

 元横綱日馬富士(33才)による暴行事件は、被害者である貴ノ岩(27才)の師匠・貴乃花親方と日本相撲協会との対立に注目が集まることとなり、ついに貴乃花親方の理事解任が決定した。

 そして、気がかかりなのが、被害者であり、貴乃花親方が息子同然に接している貴ノ岩の動向。1月14日から両国国技館で始まる初場所の新番付で貴ノ岩は幕内から十両へ転落。だが、意外にも本人に動揺は見られないという。

 「貴ノ岩は力士生命を貴乃花親方にゆだねています。十両転落についても、“ここまで相撲が取れたのも貴乃花親方のおかげ。仮に相撲が取れなくなっても構わない”と納得しているそうです」(貴乃花部屋後援会関係者)

 そんな貴ノ岩の心のよりどころとなっているのが親方の妻・花田景子さん(53才)だ。

 「昨年11月の九州場所終了後、押しかけるマスコミから逃れるように新幹線で帰京した貴ノ岩を部屋で出迎えたのは景子さんでした。『おかみさん、ぼくは全然悪いことしていないのにモンゴルでものすごく悪く言われている』と訴える貴ノ岩に対して、景子さんは目に涙を浮かべて『警察が調べているから心配しなくていい。何も悪いことをしていないから大丈夫よ』と優しく諭したそうです」(スポーツ紙相撲担当記者)

 入院中の貴ノ岩を定期的に見舞うなど景子さんは弟子のケアを欠かさない。今後の貴乃花部屋結束の鍵を握るのも彼女だともっぱらの評判だ。

 「貴乃花親方が弟子に対して口数が少なく、ほめることもしない分、景子さんは弟子たちをほめることを心がけています。弟子たちも貴乃花親方の評価が知りたい時は、『親方は何か言っていますか』と景子さんに尋ねる。景子さんは親方と弟子のパイプ役として、力士の対応を一手に担っています」(前出・後援会関係者)

 初場所後には、注目の理事選が行われる。貴乃花親方は降格の憂き目に遭ったが、ここで捲土重来を期す。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース