記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】ロブショットは下半身どっしり構えヒザ上下に動かさない フェースもバンカーショット同様思い切って開く (1/2ページ)

★今田竜二(2)

 リーン周りはできるだけリスクの少ない方法で攻めるのが鉄則ですが、バンカーやラフなどの障害物があって、ボールのライがそれほど悪くないときは、上げていくのが一般的です。そこで今回は、ロブショットの打ち方です。

 まず、スタンスは広めに取ります。そして両ヒザを曲げ、腰を落としてどっしりと構えます(写真〔1〕)。これで構えは完成です。大事なのは、この時に作った下半身の形を変えないこと。特に両ヒザは上下に動かないように注意してください。

 次にフェースですが、ここではボールを高く上げたいので、バンカーショット同様、思い切って開きます。

 ボールの位置はほぼ真ん中。このボールに対してクラブをセットするわけですが、この時、いつものアプローチのようにハンドファーストにならないようにしてください。ハンドレートとまではいきませんが、手元がヘッドよりも前に出ないようにしておきましょう(同〔2〕)。

 スイング時のポイントは、先ほども言ったように、ヒザが上下動しないようにすることと、下半身が左右に動かないこと。上げようという意識が強すぎて、大きな振りで体を揺さぶる人もいますが、軸がブレると打点もズレやすくなるのでミスが出やすくなります。あらかじめフェースを開いているわけですから、ボールを上げるのはフェースに任せて、自分で上げようとしないように。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう