記事詳細

エンゼルス大谷翔平 「中10日の二刀流」は実現するか

 日本プロ野球もさることながら、今季、野球ファンの期待がもっとも大きいのは、メジャー移籍を果たした大谷翔平だろう。数多くのメジャー球団のオファーを“書類選考”でふるい落とし、結局エンゼルスを選んだ大谷だが、アメリカでも“二刀流”は見られるのだろうか?

 「エンゼルスは絶対的なエースが不在。打線にはMVP2度のトラウト(26)、通算614本塁打のプホルス(37)がいるものの主力は右打者ばかり。メジャーでも二刀流に意欲を見せる大谷のリクエストが通りやすいチーム環境です」(MLB研究家・福島良一氏)

 日本では実現しなかった規定投球回数&打席へのダブル到達も期待される。

 「昨季、日本ハムでは『中10日ローテーションで2桁勝利、規定打席到達で打撃タイトル獲得』という“打者メイン二刀流”の構想があった。右足首負傷による長期離脱で実現しなかったが、大谷をフル活用するエンゼルスのほうが案外、実現のハードルは低いかもしれない」(日本ハム担当記者)

 ※週刊ポスト2018年1月12・19日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース