記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】左膝は曲げておくべき? 最近のプロは伸ばしている選手多いが… 頭の高さを維持して左膝を伸ばす (1/2ページ)

 【今週の質問】以前、ダフり、トップがよく出て悩んでいたら、先輩に「スイング中に膝の高さが変わるのが原因だから、左ひざを伸ばさないように。往年の岡本綾子プロのようにフィニッシュしろ」と言われました。しかし、最近のプロは左膝を伸ばしている選手が多いと思うのです。これはどういうことなのでしょうか。

 スイングの軌道は円弧なので、あまり体が上下するとよくないというのは、その通りだろう。円弧の中心が動くかたちになってしまっては、クラブヘッドがボールに当たりづらくなってしまう。

 アドレス時にはだいたい両膝が同じくらい曲がって、同じ高さになっている。これが伸びると、クラブヘッドがボールに届きづらくなるのだから、当然トップが出やすくなるだろう。このためフィニッシュで左膝を伸ばさないように、というアドバイスになったのだ(写真〔1〕)。

 左膝を伸ばさずにフィニッシュするとも言えるのだが、こういう動きは「膝を使う」とか「膝を送る」などと言われることもあった。

 というのは、左膝を伸ばさないようにすると、ダウンスイングで左膝はやや目標方向動くような動きが出るからだ(同〔2〕)。右膝も進行方向に動くので、両膝をスライドさせるようなかたちになる。以前はこういう打ち方をするプロも多かった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう