記事詳細

Dバックス・平野、爆笑会見で米メディアのハートガッチリ 背番号「66」、武器は「顔」

 【スコッツデール(米アリゾナ州)12日(日本時間13日)=片岡将】オリックスから米大リーグ・ダイヤモンドバックスに移籍した平野佳寿投手(33)が同球団のマイナー施設で入団会見を行った。

 背番号「66」の真新しいユニホームに袖を通し、「知らない土地ですがチャンスをいただけた。どんどんチャレンジしていきたい」と抱負を語った。

 米国人記者から「マウンドで堂々としているが、ポーカーフェースを心がけているのか」と問われると、「もともとそういう風にみられやすい顔なんです」と応じ、「メジャーで武器にしたいものは」と聞かれると「マウンドでの顔ですね」と笑わせた。

 「家族の賛同を得て来ることができた」と感謝を表すと、幼い長男がぐずって亜衣夫人とともに一時退席。「まあ、今はいませんが…」と苦笑いして会見を和ませた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう