記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ダフりたくないと思うとトップする 中途半端ならダフった方が良い (1/2ページ)

 【今週の質問】私はアイアンが苦手です。すぐにダフってしまうのです。ダフらないことをいつも気をつけているので、結局、逆にトップが出ることも多いです。ナイスショットだけが出ないのです。

 比較的うまいプレーヤーの中にも、たまに見かけるのが、アイアンでボールだけをクリーンに打とうとしすぎている人だ。

 たぶん、ダフる癖があり、それが嫌なので、ボールだけを打とうとするのだと思うが、結局うまくとらえきれず、トップしたり、ショートしたりしている。リーディングエッジの入れどころがシビアなので、ボールを凝視する必要があり、アドレスが長くなったりする。

 実は、こういう人はプロの中にもいる。ボールだけを打つので切れ味のいいアイアンを打つ一方で、微妙な調整を必要としているのが横で見ていても明らか。やはりプレッシャーのかかる場面ではミスが出やすかったりする。アイアンを打ちにくそうにしている雰囲気が伝わってくるのだ。

 上級者やプロでもこういうプレーヤーがいるのだから、ダフりトップを繰り返して悩んでいる人は多いと思うが、こういう人たちは、アイアンショットを誤解している。「ダフってはいけない」と思っているのだ。

 実はアイアンはダフってもいい。ボールに当たる前に手前の芝にヘッドが当たっても、実はソールが滑っていけばボールはちゃんと飛んでいく。ダメなのはヘッドがひっかかってボールに届かなかったとき。ダフってもボールが飛んでいけばミスではないのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう