記事詳細

本田が泣いて香川・岡崎が笑う ハリルJは“休んだ者勝ち”

 3月27日のウクライナ戦後、報道陣の質問を無視してメキシコへと帰っていった本田圭佑(31)は、心の中でこう呟いていたに違いない。

 “出えへんほうが良かったんとちゃうか……”

 ロシアW杯が2か月半後に迫る中、ハリルジャパンに黄信号が灯っている。国際親善試合のためベルギーに遠征したサッカー日本代表は格下のマリとドロー、そしてウクライナに1対2で敗れた。

 「W杯不出場国に対して完全に力負けしていた。今回の試合では、香川真司や岡崎慎司、乾貴士ら攻撃的な選手が不在だったことも影響していましたが……」(スポーツ紙記者)

 W杯の代表メンバー23人が発表されるのは5月31日。このベルギー遠征は選手にとって「W杯出場をかけた重要なアピールの場」だったはず。

 中でも崖っぷちとみられるのが本田だ。約半年ぶりに代表に招集されたが、ウクライナ戦では約65分間プレーしたのにシュートは0本。

 「同じく長友や長谷部も精彩を欠くなど出場した選手は総じてボロボロ。結果的に当落線上の香川や岡崎の復帰待望論が出ています。“試合に出なかったほうがマシだった”と思う選手もいるでしょう」(同前)

 ハリルホジッチ監督がウクライナ戦後、「ケガによって3~4人の選手を欠いていた」と言い訳したのも香川らを指した言葉だと思われる。監督の中でも“欠席組”の評価は上がったようだ。スポーツライターの杉山茂樹氏が言う。

 「日本の低調の原因は、選手個々というよりマネジメントを担うハリル監督にあります。本来ならもうメンバーをほぼ固定して、連携などを詰めていく段階でなければならない。場当たり的な采配をするハリル監督は、代表監督を辞めるべきでしょう」

 ウクライナ戦をスタンドのVIP席で観戦していた香川は、終始にこやかに笑っていたという。漁夫の利?

 ※週刊ポスト2018年4月13日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース