記事詳細

大谷、7番昇格でいきなりメジャー初二塁打

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)は13日(日本時間14日)、敵地でのロイヤルズ戦に「7番・DH」でスタメン出場。開幕から8番だったが、初めて7番に昇格。1打席目にメジャー初二塁打を放った。先発出場全7試合で安打を記録している。

 この日の相手先発は198センチ、100キロの巨漢右腕ジェイソン・ハメル(35)。メジャー13年目で通算92勝のベテラン。2回1死から打席に入った大谷は、外角球を見極め、ボールカウント2-2から、5球目の内角直球(92マイル=148キロ)を詰まりながら左翼線に落とした。ポイントを近くして打つ得意の打撃だった。

 打順は1つ上がっただけだったが、大リーグ公式サイトは試合前に、「大谷が7番に昇格。下位打線で大爆発を続けている」と速報。カブスのダルビッシュ有投手の試合を中継していたシカゴのアナウンサーまでが、「ビッグ・ニュースだ。大谷が7番に昇格した」とコメント。大谷の動向は全米の関心事だ。

 試合前のソーシア監督は「今日のラインアップはこんな感じだ」と大谷の昇格を当然のこととして特に説明すらしなかった。8番にはメジャー屈指の遊撃手シモンズが下がった。

 米メディアは前日12日のロイヤルズ戦の7回に、大谷が試合を決める走者一掃の3点適時三塁打を放った時の足の速さに感嘆。USA TODAY紙は「走力がシークレット・ウエポン(秘密兵器)だ。11秒49で三塁まで走った。大谷がプレーした試合は8勝1敗だ」

 11秒49はスタットキャスト(動作解析システム)が導入された2015年以降、投手の最速だったペルドモ(11秒52)を上回った。最高速度は時速31キロで、昨季メジャー全体平均の29・6キロを上回った。投打に走を加えた三刀流にメジャーは仰天だ。

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう