記事詳細

体重超過で失格&TKO負け…比嘉大吾、出場停止へ

 体重超過のためWBCフライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=は15日、クリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=に9回TKOでプロ初黒星を喫した。

 14日の前日計量でリミットを900グラム上回る51・7キロ。日本選手の世界戦では初の計量失敗で、3度目の防衛戦を前に王座を失った。15日の当日計量で設定をクリアして試合実施が決まり、日本新記録の16試合連続KO勝利がかかっていたが、恥の上塗りに終わった。

 日本ボクシングコミッション(JBC)は近日中に出場停止などの処分を科す方針。普段の体重から10キロ以上減量が必要だった比嘉には同情論もあるが、3月の山中戦で1・3キロオーバーのネリに永久追放の処分を下しただけに、大甘裁定では済みそうにない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう