記事詳細

大谷、サイン入り限定トレカが653万円 今後さらなる高額になる可能性も… (1/2ページ)

 投打の二刀流で全米を驚かせているエンゼルスの大谷翔平投手(23)が24日(日本時間25日)、投手として敵地ヒューストンで昨季ワールドシリーズ覇者のアストロズと対戦した。3勝目はならなかったが、米国での注目は高まる一方で、野球のトレーディングカード業界にも衝撃を与えている。

 米メディアの報道によると、今月25日(日本時間26日)に発売予定のトップス社ベースボールカードの定番ブランド「ボーマン」シリーズに含まれる大谷のサイン入り限定カードを、カード販売会社「ブローアウトカード・コム」が6万ドル(約653万円)で買い取るオファーを出しているという。

 「ブローアウト」社の共同オーナー、トーマス・フィッシュ氏は、「すでにこのカードを欲しがる国際バイヤーからたくさんの問い合わせを受けている。我々は大谷の才能を信じ、今後さらなる高額になる可能性に懸けている」とした。さらに高値で転売できると見込んでいる。

 同社がこの値段で購入するためには、カードの仕上がり状態が良好である必要があるが、未発売のカードにこれ程の値がつくのは極めて珍しい。「メジャーでまだ1カ月もプレーしていない選手に対する高すぎるかもしれない」という米メディアもある。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース