記事詳細

西野監督、成長株GK・中村航輔を視察 27日から欧州視察へ

 サッカー日本代表の新監督に就任した西野朗氏が第10節・柏-浦和戦(25日=三協F柏)を視察した。柏には昨年12月の東アジアE-1選手権・北朝鮮戦で日本代表として初出場したGK中村航輔(23)がいる。

 代表GK陣で最も若い中村は、この日も1-0の完封勝利に貢献。これまで代表GKの主力だった西川(浦和)を寄り切った格好。

 西野監督はコメントしなかったが、1996年アトランタ五輪で五輪代表の指揮を執った際、GK川口(現J3相模原)の活躍でブラジルを破る大金星を挙げた。若手GKの抜擢はお手の物だ。

 西野監督は27日に欧州視察に出発し、海外組の日本代表候補9人と面談する予定。昨年9月を最後に代表から遠ざかっているFW岡崎慎司(32)=レスター=にも「何とか本人に会ってきたい」。右膝の負傷が長引いている岡崎の状態を確認する。

 27日といえば、解任されたハリルホジッチ前監督が都内で“反論会見”を行う予定の日。西野監督のいない間に、日本で変なハプニングが起こらなければいいが。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース