記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】「充実の2年目」畑岡奈紗 全米女子制覇へ羽ばたけ! (1/2ページ)

 もう期待は高まるばかりです…。そんなムードが漂っているのが、米女子ゴルフツアーに参戦し2年目の畑岡奈紗(19)である。

 先週の「キングズミル選手権」(米バージニア州キングズミル・リゾート)で、プレーオフで敗れたものの2位タイに入った。初日、自身初めてというツアーでのホールインワンを達成し、テレビで見る限り、米ツアー選手としてすっかり現地になじみ堂々としたプレーぶりだった。

 実際、畑岡の雰囲気も変わっていた。5月上旬に「ワールドレディスサロンパス杯」(茨城県茨城GC)出場のため一時帰国。3月の「ダイキンオーキッド」(沖縄・琉球GC)以来2カ月ぶりに会ったが、そこには落ち着いて、どっしりと構える奈紗がいた。

 「米ツアーも2年目ということで、いろいろ勝手がみえてきた。食事の面でもホテルではなく、今年はレンタルハウスとか、キッチンがついているところを借りる機会が多くなった。母(博美さん)も来てくれて手料理を作ってくれる。それも力になっているんじゃあないですかね」

 この一時帰国の裏には強行軍があった。直前の米ツアー「メディフィール選手権」(米カリフォルニア州)会場から空港へ直行、日本に帰ってきたが、これまた空港から茨城の会場へ直行した直後だった。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース