記事詳細

田中理事長と内田前監督の抗争勃発 無責任体制に系列校職員から不満噴出 (1/2ページ)

 アメリカンフットボールの「悪質タックル」をきっかけに問題続きの日本大学。ダンマリを決め込むドンこと田中英寿理事長(71)が、事実上のナンバー2である内田正人前監督(62)の常務理事辞任で事態を収束させようとする動きが出てきた。腹心として「全てを知る」内田氏を斬れば返り血を浴びることは避けられず、内紛状態に陥る恐れもある。警視庁の捜査が入り、入試への悪影響も懸念されるなか、保身しか頭にない大学首脳に、現場の教職員の不満も抑えられなくなってきた。 

 日大教職員組合は5月31日、内田氏の常務理事を含む全役職解任のほか、他の常務理事も全員解任した上で、田中理事長や大塚吉兵衛学長(73)も辞任し「大学上層部の『解体的な出直し』を図るべきだ」とする要求書を出した。

 負傷した関西学院大学の選手側は、内田氏と井上奨(つとむ)前コーチ(29)について傷害容疑での告訴状を警視庁調布署に提出、受理された。タックルをした宮川泰介選手(20)に寛大な処分を求める数千人分の嘆願書も提出した。

 日大追及の動きが強まるなか、「事態を収束させるため、田中理事長が内田前監督を斬るのではという観測は、アメフト部のOBの間で早い段階から出ていた。理事長はそもそもトップとしての責任を感じておらず、『厄介なことになった』程度の感覚でいる」とアメフト部事情に詳しい日大OBは話す。

 これだけ問題が大きくなってもコメントすら出していない田中氏だが、事実上のナンバー2である内田氏との関係に亀裂が生じていると31日発売の週刊文春が報じた。

 田中氏は21日に内田氏を理事長室に呼び、「辞表を書け」と常務理事を辞めるように迫ったという日大関係者の証言を紹介。これに対して内田氏が「俺を切るんですか」「すべて公にしますよ」などと田中氏に詰め寄ったとされる。内田氏は23日の記者会見で常務理事職を謹慎すると表明したが、田中氏は「あいつはもうお終(しま)いだ」と周囲に漏らしたとも報じている。

関連ニュース