記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ボールを確実にとらえるコツは? フィギュアスケートのスピンのように動く (1/2ページ)

 【今週の質問】うまい人は、芝の薄いところからでもボールをクリーンに打ちますが、それがとてもうらやましいです。フェアウエーバンカーの中などからでもプロは何事もなかったように打つのがすごいと思います。自分はライのいいところからでも、アイアンやフェアウエーウッドでダフったり、トップしたりの連続です。ボールを確実にとらえるコツはありますか。

 インパクトが安定している人は、あまりインパクトのことを考えていない人が多い。考えなくても当たるので、深く考える必要がないのだ。

 当たらない人ほど、インパクトのことを考えている。うまく当てるために腐心して、手先で合わせようとするのだが、どんなに器用でも、一瞬のインパクトを調整することなどできるはずもない。

 インパクトのいい人は、体の動きで腕やクラブを振っている。具体的には、体をその場で回転させる動きがあるので、クラブヘッドも直線的にボールに向かっていくことがなく、地面すれすれを遠くから低く滑るように動いて、また滑らかに上昇していくので、いつも同じ角度で横からボールをとらえることができる。そのために良い当たりが続くのである。

 ゴルフのレッスンで、体を回転させろ、とはよく言われることだと思うが、実際にこれができている人は意外に少ない。

 回転させるというのは、フィギュアスケートのスピンのように動くということである。その場で背中とおなかの位置がひっくり返り、表と裏が入れ替わるくらいでいい。テークバックで背中を目標に向けて、フォロースルーではおなかを向けていく。

 こんな動きは日常生活にはあまりない。だから通常は回転が不足して、腕の動きが主体となってスイングしている人が多い。上体と下半身をひねる意識が強過ぎて、結局回転することができない人もいる。下半身を止めて上半身を回せ、などと荒唐無稽なアドバイスをする人もいる。

zakzakの最新情報を受け取ろう