記事詳細

イチロー快投“初登板” 驚嘆の声に「毎日でもやる」

 マリナーズのイチロー会長付特別補佐(44)の打撃投手ぶりに驚嘆の声が上がっている。サービス監督からの要望で、5日(日本時間6日)に敵地アストロズ戦の試合前打撃練習で“初登板”。打者は「すごく打ちやすい。マシンだ」「イチローから打ったと自慢する」「変化球も来る」。

 サービス監督は「あの感じだと1時間でも投げ続けられそうだった。まさか準備のために200球も投げ込んでいたとは知らなかったが」。

 打線も調子が上向いてイチローも満足そう。「もしまたやってくれというなら毎日でもやる」と打撃投手としての技術も磨くつもりのようだ。もちろんまだ現役続行が基本線。この男はどこに行くのか。

zakzakの最新情報を受け取ろう