記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】アドレスの大切さ忘れてない? 重要なのは両肩のライン (1/2ページ)

 練習場で一生懸命ボールを打ってもグッドショットが打てない。隣の打席で顔見知りの常連がボヤいてばかり。

 「どれどれ」と悩めるアベレージゴルファーのスイングを眺めたら、打ち方よりも、まずは肝心のアドレスの向きがなっていない。どこを狙っているのかと尋ねたら、打席正面の150ヤード表示看板だという。

 「おいおい、看板よりもぜんぜん右を向いているよ。左足を半足分ほど後ろに引いて、つま先を外側に向けて打ってごらん」

 すると、気持ちよくクラブを振り抜いて、ボールは表示看板方向へと飛んでいった。

 「真っすぐ打てた!」と喜ぶ常連さん。アドレスは住所。住所を間違えていたらボールはどこに届くか分からない。

 オープンスタンスに構えれば、体の左サイドにスペースが生まれて、スムーズに振り抜けるのだ。それに連動して、今まで被っていた(右方向に向いていた)両肩のラインもスクエアにセットされたのだ。

 「アドレスって大事なんですね」

 「当たり前でしょ。アドレスで重要なのは両肩のライン。スタンスはオープンでもクローズでも両肩だけは目標に対してスクエアでなければいけないよ」

zakzakの最新情報を受け取ろう