記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ボールを置く位置がわからない… 当たりやすいスイングのイメージができていない (2/2ページ)

 ただ、ある程度のレベルのプレーヤーであれば、ボールは右に置いても左に置いてもそれなりに打てるもの。うまく打てる位置が1つではなく、幅がある。

 うまくなるということは、多様性を持った技術に対応できるようになるということ。どういうことかといえば、ボールの置き場所やライを見るだけで、逆に無意識に当たりやすいスイングがイメージでき、その軌道上にボールが来るスイングができるのである。

 うまく打てない人はそのイメージをつくることができず、ボールばかりをみているので結局当たらない。

 たとえば、左足のつま先のさらに左側にセットしたボールを、アイアンで打つにはどうしたらいいか。インサイドアウトにフックを打つようなスイングをしたら、全くヘッドが届かないのはわかるだろう(〔2〕)。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

zakzakの最新情報を受け取ろう