記事詳細

【ハラショー!!ロシア】現地サガンで手荒い出迎え 顔写真撮影で「笑うな!」まさかの叱責

 ロシア人といえば、ゴツくて、いかついイメージを抱いていた。

 大会が開幕し、われわれ記者がまず行かなければならないのが、記者証の発行所。世界各国の記者が集まっていたが、いざ私の顔写真撮影の順番となり、とびきりの笑顔で構えていると「笑うな!」とまさかの叱責。

 今度は口を真一文字にしたが、「う~ん、メガネを取って!」とまさかのダメ出し連発。これも社会主義国ゆえの厳格さなのか。6大会連続でサッカーW杯の取材にやってきたが、こんなことは初めて。完成した記者証はかなり怪しい雰囲気になった。

 日本代表のベースキャンプ地カザンは、モスクワから東へ800キロ。ロシアに来て気づいたのは、日本と違い「歩きスマホ率」がほぼゼロであることだ。なんだか懐かしい歩きやすさ。一見無表情なカザンの人たちも、日本人とわかる記者証をさげていると、代わる代わる「JAPAN?」とほほ笑みかけてくれる。実にうれしい“ギャップ”だった。(久保武司)

zakzakの最新情報を受け取ろう