記事詳細

レスリング栄氏の監督解任 至学館大 「全く反省できてない」 (1/2ページ)

 レスリング女子の伊調馨(かおり)選手らが日本レスリング協会前強化本部長の栄和人氏からパワーハラスメントを受けた問題で、至学館大(愛知県大府市)の谷岡郁子学長が17日、レスリング部監督を解任すると発表した。

 栄氏は14日、至学館大の監督として、駒沢体育館(東京都世田谷区)で同日開幕した全日本選抜選手権で復帰。試合前に記者会見し、「今後は常に他人に敬意を持って接したい」と頭を下げ、伊調選手に面会して直接謝罪する意向も示していた。

 「全く反省できていないと思わざるを得ない」

 至学館大の谷岡郁子学長は17日、レスリング部監督を解任すると発表した栄和人氏について、全日本選抜選手権が行われた東京・駒沢体育館での記者会見で、「このチームを率いるにはふさわしくない」などと理由を説明した。

 同選手権開幕の14日に栄氏が謝罪会見を開き、至学館大監督として現場復帰した。谷岡学長は栄氏にセコンドに入るように何度も要請したが、聞き入れられなかったという。大会進行中に知人と昼食に出掛けたといい「選手とともに歩んでほしいと何度も言った。監督業を真剣にやろうと集中しているとは思えない状況だった」と説明した。