記事詳細

【ハラショー!!ロシア】日本を圧倒!超便利なロシアのタクシー配車アプリ 一方で怪しげなオッサンたちも…

 ロシアでは長年、メーターのない“白タク”が旅行者との間にトラブルを起こしてきたそうだが、今は昔。タクシー配車アプリが日本なんか及ばない充実ぶりだ。中でも「Yandex Taxi」(ヤンデックス・タクシー)は秀逸で、1997年に設立されたロシアのインターネット企業が運営している。

 アプリといえば、ログインだなんだで無駄な登録のストレスにウンザリするが、これが一切不要。現在地と行き先を入力すると、(1)配車時刻(2)値段(3)タクシーナンバーまで、全てスマートフォンの画面に表示される。ここカザンでの配車時間はどこにいても10分以内で、しかも表示された時間より必ず早くやって来るのでノンストレス。領収書も手配したスマホに送られてくる。降車後、運転手の5段階評価を求められチップは不要。

 私はロシア語の読み書きが全くできないが、同アプリは英語でOK。日本のタクシー会社にも、東京五輪に向けて検討してほしい。しかし一方、主要空港にはいまだに、日本人と見ると「TAXI?」と声をかけてくる怪しげなオッサンたちがいる。昭和と平成が混在している感じだ。(久保武司)

zakzakの最新情報を受け取ろう