記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】うまい人は力の入れどころがいい? “振る”動きで効率的に飛距離を出す (1/2ページ)

 【今週の質問】うまい人は軽く打っているのによく飛ぶなあと思います。フィニッシュも乱れることなく、楽々とランドしているのがうらやましいです。うまい人は力の入れどころがいいのですか? 私は飛ばそうとするとバタバタしてしまいます。

 スイングで一番大事なのは、腕やクラブを“振る”ことだと思う。

 ゴルフには、“打つ”“たたく”“はじく”“押す”など様々な動作のイメージがある。

 “はじく”ようなイメージなら高いフックの弾道が出るが、“押す”ようなイメージに変えると低いスライスが出るということもある。

 力加減なども“強く”や“速く”などのイメージでスイングには確実に差が出てくる。

 何か対象物に対して“強く”大きな力をかけたいと思うなら、重い扉を押し開けるように、体全体の重みをかけていけばいい。その動きで打つなら、体はボールの方に寄っていくような動きになる。

 しかし、“速く”ということになると、例えば、ほうきでサッと掃く、すき焼きで手早く卵をかき混ぜる、ときのような動きになり、もう少し軽やかな動作になるだろう。体重をかける必要はない。

 ゴルフでは“振る”をイメージするのがいい。犬が尻尾を振る、タクトを振る、というとき、先を速く動かすような動作をイメージすると思うが、ショットにはこれが合っている。腕の力を抜いておき、振り回す感じだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう