記事詳細

大迫勇也の代名詞「半端ない」が世界に拡散中! W杯2018ロシア大会

 コロンビア戦で決勝ゴールを決めたFW大迫勇也(28)の代名詞、「半端ない」が世界に拡散中。日本では使用法を巡り論争が起きている。

 NHK広報部は20日、異例のコメントを発表。「『半端ない』という言葉は、大迫選手のパフォーマンスの秀逸さや、優れたテクニックを称える表現として、サッカーファンの間では定着しています」。19日の中継で同局の鳥海貴樹アナウンサーが「半端ないヘディングシュート」と言及。インターネット上でトレンドワードとなる一方で、適切な日本語表現なのかと話題になったのだ。

 「半端じゃない」「半端ではない」などから派生した若者言葉と、大迫を結びつけたのは2009年の全国高校サッカー選手権。滝川二の中西隆裕主将が準々決勝で鹿児島城西に完敗後、相手のエースだった大迫を「あいつ半端ないって!」と認めつつ号泣。その強烈な映像はネット上で大流行し、サッカーに興味がない層にまで広がった。

 今大会に際して英紙ガーディアンも「大迫は『awesome(すごい)』『incredible(信じられない)』という意味の『hampanai』と表現される」と紹介。号泣する中西さんをデザインしたとみられる「大迫ハンパないTシャツ」も再注目され、4500円(税込み)の値がついている。

関連ニュース