記事詳細

西野ジャパン、セネガル戦のコメント W杯2018ロシア大会 

 ■西野監督「2度追いついて、チームの成長ぶりを出せた。(乾のゴールは)コロンビア戦で外していたので、修正できたのでは。ポジションを変えないと変化はないと思ったが、(本田は)よく決めてくれた。(次は)勝ちきりたい」

 ■香川「よく追いついたが勝ちきりたかった。勝ち点1は次につながる。中3日でしっかり準備をしたい。チャンスはつくれたが、勝ちきるのに足りなかった」

 ■長友「(先制点を呼ぶパスは)タカシ(乾)のシュートをほめたい。相手の一番嫌なところを狙っていた。強い気持ちと戦う気持ち、チームが一つになること。雰囲気はいい」

 ■原口「しんどかったが、最後まで粘った。(次戦も)しっかり走ってチームに貢献したい」

 ■酒井宏「大事な(勝ち点)1だと思う。でも3を取りたかった。(FWマネは)個人的に分析して、激しいぶつかりもあったがすごく楽しかった」

 ■長谷部「勝てたゲームだが悪くない結果。落ち着いているし、先制されてもやることがはっきりしているので、誰が出ても全員で戦っている感覚がある」

 ■大迫「点を取るチャンスはあった。あの2本は決めなきゃいけなかった」

 ■柴崎「悔しい。勝てた。防げる失点だったし、得点も決めきる精度を上げないといけない。1試合ごとにコンビは良くなっている」

 ■吉田「今日決めたかったが、甘くない。よく2回盛り返したとポジティブにとらえて、ポーランド戦を迎えたい。2点取られているのでなんともいえないがFWに感謝したい」

 ■昌子「セネガルは身体能力が高かったが、徐々に対応できた。次は全部出し切りたい」