記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】スイングの正しいリズムとは? 体の動きと手の動きの同調 (1/2ページ)

 【今週の質問】私はよく「スイングのリズムが悪い」といわれることがあります。松山英樹選手のようにトップで止まるタイプなのですが、その時間が松山選手より長いです。正しいリズムとはどういうものでしょうか。

 リズム、テンポなどといろいろな言い方はされるけれど、一言で言うなら、体の動きと手の動きの同調ということになる。

 アドレス、グリップ、トップ…。さまざまなチェックポイントを気にして一生懸命練習しているけれども、どうもよくなっていかないというならば、この同調を考えてみるべきだ。

 体は右を向いて、左を向いてスイングが終わるが、手は上に上がって、下がって、またフィニッシュで上に上がって終わる。この体と手の動きを同調させて、バランスよく振る必要があるということだ。(写真〔1〕〔2〕〔3〕)

 実は、これ以上、ゴルフのスイングで大事なことはない。結局、どんなに手の動きが正しくても、また体の動きが正しくても、これがバラバラに動いていては、毎回違う結果になってしまうということだ。

 普段どおりの力加減で打っていればこの同調は保たれやすいのだが、飛ばそうとすると途端にコンビネーションが悪くなる。体ばかりが先行して、振り遅れてスライスが出る。(〔4〕)逆に腕力でクラブを叩きつけると、手の方が先に降りてくるのでダフったりする。どちらも経験があるだろう。