記事詳細

本田、熱い男気! バッシング浴びる川島を擁護「たたくのは僕だけにしておいて」 ネット絶賛「本田△」 W杯 (1/3ページ)

 【カザン(ロシア)25日=久保武司】W杯ロシア大会で2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出に王手をかけているサッカー日本代表(FIFAランキング61位)は、28日午後5時(日本時間同11時)開始の1次リーグH組最終戦(ボルゴグラード)でポーランド(同8位)と対戦する。歴代日本代表で最低だった下馬評を覆す快進撃に、列島からは称賛の声が贈られている。ただ一人のカヤの外がGK川島永嗣(35)=メッス。ネット上でミス連発をとがめられ過酷なバッシングを浴びているのだが、あの男は川島を擁護している。

 「僕はね、割とたたかれるの、ホントに感謝している部分があるんで、楽しんでいる部分もあるんですけど。そうじゃない人もたくさんいるから、それはちゃんとみんなが守ってあげないといけないと思っている。メディアの皆さんもね、そこの上げ下げを楽しむのは、僕だけにしておいてほしいな、というふうに思いますね」

 MF本田圭佑(32)は24日のセネガル戦(エカテリンブルク)を自身の起死回生の同点ゴールで引き分けに持ち込んだ直後、そう訴えた。

 批判はすべてオレが引き受ける。チームメートには手を出さないでくれ。口調こそ淡々としていたが、熱い男気あふれる内容だった。

 いま、SNSなどを通じて誰よりも批判にさらされているのが川島だ。

 1次リーグ初戦のコロンビア戦(サランスク)でも細かいミスが目立ったが、セネガル戦では決定的な失態があった。

 前半11分、真正面に飛んできたシュートをキャッチせず、不用意にパンチングして、目の前に詰めていた相手FWマネへパスする格好に。難なく先制ゴールを献上した。

 騒然とするスタジアム。険しい表情の同僚。嫌な空気が立ちこめた中、ここでもベンチスタートの本田が立ち上がり、ピッチの仲間に向かって“落ち着け、落ち着け”と2度手で制するジェスチャーを見せた。

関連ニュース