記事詳細

日大“悪質タックル”問題 関東学連、内田前監督らの除名を正式決定

 日大アメリカンフットボール部の“悪質タックル問題”で、関東学生連盟は26日、都内で臨時総会を開き、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチに対し事実上の永久追放に相当する除名処分を正式に決めた。賛成67票、棄権7票で反対はなかった。処分が不服の場合、通知を受けてから30日以内に異議を申し立てることができる。

 臨時総会後の理事会では、日大のチーム改善報告書の提出期限を7月17日に決めた。この日が次の焦点になる。

 現在、日大は2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格を停止されている。処分を解除して秋のリーグ戦参加を認めるかどうかは、日大の報告書の内容を見て検証委員会と理事会が判断する。検証委メンバーには筑波大の永田恭介学長、前国立スポーツ科学センター長で医師の川原貴氏や弁護士ら5人を選出した。

 日大は新しい監督とコーチを公募しているが、人選するメンバーや選考過程が不透明だとして、いぶかる声も上がっている。米国人を指導者に招く動きもあるとされるが、検証委に名を連ねる寺田昌弘弁護士は「あらかじめ決まっている人を公募で選んだと形作りされてはかなわない」と“出来レース”となる可能性を懸念する。

 関東学連の森本啓司専務理事は「一番大切なのは原因究明されて、それに応じた改革がされること」と“復帰ありき”ではないと強調。予断を許さない状況だ。